これが外壁塗装をしてねのサインです

チョーキング現象

チョーキング現象は塗装面の表層樹脂の劣化で発生します。

塗装された壁面に白い粉が付着する現象をチョーキング現象といいますが、これは 直射日光や風雨に長期間さらされることで起こります。 素人でも発見しやすいこの現象は黒板に使うチョークの粉に似ているから名付け られたそうで、外壁が劣化する初期段階でみられることも多いです。 新築から何年経っているか、リフォームしてからどれくらいの期間が経過しているか に関わらず、この現象が起こったらそろそろ外壁塗装をしましょう、というサイン と受け止めて行動を開始しましょう。 そのまま放置しておくと表面がヒビ割れてきたり修復に費用がかかることも予想 されるので、発見次第手遅れになる前に対策をとらなければなりません。 なぜチョーキング現象が起こるのか、どんなケースで発生しやすいのかはもう劣化 としか言いようがなく、長期間屋外で住宅を守ってくれた、身代わりになってくれた その対価として塗装をしなおすのです。 耐久性の高い塗料を使用すれば劣化の進行も遅らせることができますし、穏やかな 環境なら外壁が受けるダメージも少ないので劣化速度も緩慢になります。 一度でも見たことのある人、学校の教師をしているのでチョークに詳しい人なら 外壁にこの現象が発生すればすぐに気がつくでしょうが、何年も黒板を見たことも ない主婦やサラリーマンだと「ちょっと白っぽくなってるな、ゴミかな?」 「タンポポでも飛んできたのかな、所々白さが目に付くようだけど」とスルーして しまうことも多そうなチョーキング現象なので、外壁を所有している家主や管理を 任されている者は定期的にチェックをして必要ならメンテナンスをしましょう。 簡単なチェック法は自分で外壁を触ってみることで、撫でるようにスーッと壁面を 右手だけ滑らせてみましょう。 それでどれだけ白い粉が右手に付着するかでチョーキング現象の進行具合を把握 するのですが、新築住宅なら手はほとんど白くなりません。 もしも古い建物で手の平が真っ白になるようだとすぐにでも外壁塗装をしなければ ならない状況なので、洗面所かキッチンで手を洗ったらすぐに業者探しを開始 する準備にとりかかる前に、今日の夕飯の材料を買いにひとりでスーパーへ行くため 自転車にまたがるか自動車のドライバー席へ乗り込みましょう。 いくら急いで対処しないといけないとしても、夕飯を抜いてまで早急に業者の手配 をしなくても大丈夫です。 落ち着いて夕食のメニューを考え、食事のあとで家族会議をしてこれからの計画を 練ればそれでほとんど問題はないと思います。 晩御飯のあとならみんな揃っているでしょうから全員の意見も聞けますし、都合の 悪い日やあまり評判のよくない業者のことも知ることができそうです。 チョーキング現象が進んでいるからと自分ひとりで慌てすぎても良い結果は生まれず 逆に悪い選択をしてしまうこともあるので、とにかく落ち着いて行動です。 家業がペンキ屋なので塗装には詳しい、親類に植木職人が多いので庭関係のトラブル には動じないよ、という人なら慌てすぎたり舞いあがって間違った判断をする心配 もなさそうですが、親類はみんな歯医医師さんだったり美容整形外科医師ばかり だと初動をミスしてしまうこともあるので注意しましょう。 チョーキング現象の起こっている外壁塗装はそのまま上から塗料を塗ってはダメで、 劣化した壁面から粉が吹き出ているので新たなペンキもうまく定着せず、剥がれ やすくなってしまいます。 なので塗装面を洗浄する作業から先にやらねばなりません。 表面を高圧洗浄して塗料の密着性を高めてから、家主の希望するカラーで塗り 美しい外壁へと復活させます。 粉が吹くことで見た目が劣るだけならそのままでもいいや、とこの部分のリフォーム に消極的な人もいますが、早めに手を打たなかったばかりに住宅の内部まで劣化が 侵攻して多くの出費を強いられることもあるのでサボってはいけません。