これが外壁塗装をしてねのサインです

外壁塗装の耐久

どんな症状が発現したら塗りなおす頃合なのでしょう。

住宅を外側から守ってくれる外壁はお手入れを欠かして何十年もそのままにして おくと、劣化により崩れ落ちたり穴があいて不便な思いを強いられます。 なのでしかるべきタイミングでメンテナンス、外壁リフォームを行い快適な居住 空間を保つ努力をするのが家主の務めになります。 ではどのタイミングでそれを行うか、その疑問が次にやってきます。

続きを見る

チョーキング現象

チョーキング現象は塗装面の表層樹脂の劣化で発生します。

塗装された壁面に白い粉が付着する現象をチョーキング現象といいますが、これは 直射日光や風雨に長期間さらされることで起こります。 素人でも発見しやすいこの現象は黒板に使うチョークの粉に似ているから名付け られたそうで、外壁が劣化する初期段階でみられることも多いです。 新築から何年経っているか、リフォームしてからどれくらいの期間が経過しているか に関わらず、この現象が起こったらそろそろ外壁塗装をしましょう、というサイン と受け止めて行動を開始しましょう。

続きを見る

ひび割れ

外壁の表面にひび割れが出てきても塗りなおしのサインです。

チョーキング現象よりも深刻なのがひび割れで、これは隙間が発生しているので 放置しておくと大問題に発展することもあります。 意図的にそういう模様にしている、ひび割れ模様を売りにしている外壁も最近 ではありますが、そうではなく劣化が原因で発生したひび割れは補修しないと家屋 の中まで傷めてしまうおそれもあるので、塗装職人が最も警戒するサインです。 割れの隙間に雨水や雹が入り込むとそこにカビが発生したり、鉄製なら錆びてくる 場合もあるので通常以上の劣化が促進されることになります。

続きを見る

塗りなおしの時期

新築住宅と2度目、3度目の塗装ではどう違うのでしょうか。

このように外壁塗装のサインはあるのですが、新築の注文住宅の場合と中古で何度 か塗装した経験をもつ住宅は同じように考えてもよいのでしょうか。 その状態を見ればいいので基本的には同じであり、新築だから最初は長期間そのまま 塗りなおさなくてもいいだろう、ということにはなりません。

続きを見る